<< 俺はたむらだ! | main | 高速グリぃぃぃぃぃぃぃン! >>

北イタリア

0
    今朝の会津は晴れ。

    車は花粉のコーティング・・・
    今日も大変そうです。

    昨晩は裏磐梯にある北イタリア料理のお店で美味しいワインの飲み比べをしました!

    Ada Nada Dolcetto D'Alba 1999

    La Barbona Gutturnio Riserva 2000

    (イタリアワインの説明はなかなか難しいと思います)
    イタリア全土20州に渡って様々な土着品種の葡萄があって、
    現在、イタリアのワイン法に認められているものだけでもざっと300種は
    あるそうです・・・
    と言うことで、知識で感じるよりまずはお味、お味っと!

    料理は、
    自家製サラミと生ハム、モッツァレッラの前菜。
    パスタはゴルゴンゾーラと生クリームをベースに少し胡椒のアクセントを加えたソース
    (補足:パスタはロングのフェデリーニ、ゴルゴンゾーラはピカンテを風味程度)
    最後に米沢牛のステーキ、白トリュフと岩塩を利かせたもの
    (サーロイン部で白トリュフ+岩塩が強めで焦げ目が美味しい)

    白トリュフあたりが北イタリアでしょうか

    ワインは、
    前者はドルチェット種でイタリア語で「甘い」と言う意味なのですが
    全く甘味の無い辛口(ドライ)でした。
    しかし!デキャンティングしてしばらくすると
    ドライ感がだいぶ和らいだような気がしました。

    チーズをベースにしたパスタにはドライな味が
    私には合うようです。

    後者は不明(手持ちの資料では探すことができませんでした)で
    トスカーナのサンジョベーゼでしょうか?
    フルーティーな感じでほんの少し甘みを感じました。

    補足:il Poggiarello のワイン(金ラベル)と判明。
       Gutturnioというコッリ・ピアチェンティーニDOCの赤ワイン。
       バルベーラ種とクロアティーナ種から造られるワイン。

    俄仕込みのワイン知識ですいませんが
    食事中のシェフの説明や師匠の言葉を心に刻んで
    次の日、RMPJの本や世界名酒辞典、チーズポケットブック、食材図鑑を読み返す
    のも楽しくなりました。

    また機会があったら、その時感じた事をご報告したいと思います。

    調べながらのアップで修正を加えています。
    読みづらくさせてすいません。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM