<< けんかはやめて | main | 薔薇は!薔薇は! >>

北斗以南皆帝州

0
    今年は私にとって最後の藩侯行列である。

    と言うのも某団体を今年で卒業する為、
    その団体が担当する隊列に参加するのが最後なのである。

    昨年は「斗南藩移住の図」を表現したの隊列の広報係であった。

    他の隊列は甲冑の出で立ちで勇ましく勢いがあるのに対し
    我々が任される隊列は故郷を離れる「斗南藩移住の図」である。
    (陸奥(旧斗南藩)から来る姉妹団体の仲間と参加する為)

    「死地を越えて国を想う境地とは如何なるものであろうか・・・」

    国を豊かにしようと想う心
    後進の育成に懸ける心
    家族を守る心

    秋月悌次郎の「今日の落花は来年咲く種とやら」が心に響く

    一度枝を離れた落花は、その枝に還って咲くことは二度とできない。
    しかし来年咲く花の種になることはできる
    (「落花は枝に還らずとも」より)

    熊本で教壇に立つその人の想い

    いろいろ感じながら

    陸奥からくる仲間と最後の隊列に参加したい。





    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM