<< 冬将軍と鍋将軍 | main | 鍋の中の絹ごし豆腐 >>

イタリー

0
    今朝の会津は曇。

    庭に薄ら雪。

    昨晩はネモさんでイタ飯に酔いしれました。
    (スーパートスカーナのネモにも酔いしれました)

    スーパートスカーナと言えば
    「サッシカイヤ」「オルネライヤ」「ソライヤ」、
    ときますが
    ネモは負けていません!

    3大ライアを制覇した人なら「サッシカイヤ」や「オルネライヤ」と言えば
    ボルゲリ地区を思い浮かべると思います。

    ネモはフィレンツェとシエナの間にある、
    「モンサント=聖なる山」
    と言う意味の名を持つ人口
    僅か100人ほどの小さな村の
    ムリーノ・ディ・スカンニという区画に
    1976年に初めてカベルネ・ソーヴィニョンが植えられたところからはじまります。

    当時キィアンティ全盛の時代で
    イタリア本国ではほとんど見向きもされず、
    むしろ海外での評価が高かったそうです。
    そこで、『(イタリア本国では)誰も認めてくれない・・・』
    遊びと皮肉を込めて、
    ラテン語で「誰も〜ない」という
    意味を持つ【NEMO=ネモ】という名前をワインに付けて
    しまったほど・・・

    今ではその平均樹齢は28年になり
    畑もカベルネに最適な土壌と評価されるまでになったそうです。

    まずはイベリーさんで一杯



    お店一杯に広がるオリーブ油で炒められた
    ガーリックの香りは食欲をそそります!

    パスタで一杯



    ふ〜

    美味し!



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM